幹事の壺(沖縄編 2018最新版)

幹事の壺(沖縄編)の最新版です。格安ツアー、おすすめスポット、おいしいレストランなど沖縄旅行に役立つ情報をお届けします。

*

2016広島東洋カープ春季キャンプ情報、宿舎、見学に適したツアー

このページでは2016年の広島東洋カープの春季キャンプについて、日程、球場、選手の宿舎、見学のためのホテル選び、ツアー選びのためのポイントをご紹介いたします。
※本ページに掲載する情報は、極力球団や新聞社から正式に発表があったものを中心に載せていますが、まだ未発表な情報については2015年までの経緯をもとに予測で掲載しております。正式な日程などは直接球団にお問い合わせいただきご確認ください。

【日程】1次キャンプ(宮崎日南) 2/1-18 ※5,10,15休 (2軍は月末まで)
2次キャンプ(沖縄) 2/20-28(1軍のみ)※15,19休

【球場】1次キャンプ 日南市天福球場
2次キャンプ 沖縄市野球場(コザしんきんスタジアム)(1軍のみ)

【決定済みの試合】2/18 20 オープン戦 対ヤクルト(浦添)、21 オープン戦 対巨人(沖縄セルラー)

【選手の宿舎】1次キャンプ(宮崎日南) 1軍 日南第一ホテル、2軍 かんぽの宿日南
2次(沖縄)東京第一ホテルオキナワグランメールリゾート

【ツアー選びのポイント】
以下、2次キャンプ地である沖縄の情報のみに絞って掲載します。宮崎キャンプの参加ツアーは以下をご参照ください。
宮崎格安ツアー<<広島東洋カープ沖縄キャンプツアー選びのポイント>>
・沖縄市野球場(コザしんきんスタジアム)は沖縄南ICからすぐです。空港から、および中心部である那覇市内から、レンタカーにてアクセス可能です。公共のバスも利用できますが、レンタカーが圧倒的におすすめです。
・沖縄市野球場(コザしんきんスタジアム)には駐車場があります。600台以上、かなりの台数を停められます。
・宿泊は球場までのアクセスだけを考えるなら球場のあるコザがおすすめですが、あまり観光客が立ち寄らないちょっとハードルの高い独特のエリアです。米軍との共存によるアメリカンな雰囲気とこんな雰囲気のMusicを楽しみたい方には良いですが、商業中心地である那覇やリゾートエリアの恩納村からも車で30-45分程度で球場へ行けますので、コザにこだわる必要はありません。というかあまりおすすめしません。(笑)那覇、もしくは恩納村から車で通うのがよいでしょう。
DSC_0125
・選手と同じホテルに泊まる場合、宿舎である東京第一ホテルオキナワグランメールリゾートとなりますが、こちらは、リゾートホテルという名前がついていますが、普通の街中の、言ってみればあまり沖縄らしくない環境なので、それほど人気がなく、結果、きれいな割には値段が安いと感じるツアーをみつけることができるでしょう。つまり、どうしても選手と同じホテルに泊まりたい!というケース以外はおすすめしません。
・とにかく低予算でという場合には那覇のビジネスホテルを利用するツアーがおすすめです。
・ついでに沖縄観光をする場合にはレンタカーが必須です。沖縄は那覇を含む南部と、水族館のある北部に代表的な観光地が点在しています。東京第一ホテルオキナワグランメールリゾートは、その中間にあり、よく言えばどちらもにもアクセスしやすく、悪く言えばどちらも遠いとなります。効率よく観光するには、1泊ずつホテルを選べるツアーにして、加えて名護や本部(水族館、北部観光の拠点)、および那覇(商業の中心、南部の観光の拠点)にホテルを構えることをおすすめします。

【広島東洋カープキャンプ見学におすすめツアー】
・選手と同じ宿舎である東京第一ホテルオキナワグランメールリゾートに滞在するツアー
Jtripツアー
スカイツアーズ
・1泊づつホテルを選べるツアー(観光に便利)
Jtripツアー
JALパック
スカイツアーズ
・那覇のビジネスホテルに泊まるツアー(予算を安く抑える場合)
Jtripツアー

ご参考 広島東洋カープ公式サイト

 - 2016年プロ野球キャンプ情報