幹事の壺(沖縄編 2018最新版)

幹事の壺(沖縄編)の最新版です。格安ツアー、おすすめスポット、おいしいレストランなど沖縄旅行に役立つ情報をお届けします。

*

沖縄ツアー予約のコツ★沖縄のホテルは那覇と北部と2地区にわけて

沖縄本島は狭いようで広いです。
この広さを認識せずにスケジュールを組むと、観光中心の旅行の場合、移動にかなりの時間をとられる旅になってしまいます。(ちなみに「沖縄ではホテルのビーチでまったり。観光しない。」と考えておられる方もおられるでしょうが、これは6月梅雨明けから10月前半のみ可能なプランであり、他の季節は一日ビーチというには寒く、どうしても観光が入ります。)

例えば空港から水族館までは片道2時間半弱かかります。また那覇南部~北谷、また名護周辺での渋滞も激しいものですので、とにもかくにも沖縄本島での観光地への移動には時間がかかることを意識されると良いでしょう。

そこで、例えば沖縄が始めてであちらこちら観光する方は、宿泊するホテルを2カ所以上に分散することをおすすめします。

具体的に申しますと、代表的な観光地は北部と南部にわかれますので北部と南部にわけて泊まるということです。北部は水族館、古宇利島、きれいなビーチ、代表的なリゾートエリアである恩納村西海岸などがあるエリアです。南部は空港、商業の中心である那覇(おいしいものを食べるなら那覇です。)、高レベルな民謡ライブ、古都首里、および戦跡や南部のテーマパークなどがあるエリアです。

おすすめの方法は、最初の数泊を恩納村、名護、本部など北の方にし、最後の1泊を那覇(国際通り近辺)にする方法です。これですと、最後の日に、国際通りや公設市場で一気におみやげ買えますし、空港に戻る時間も計算し安くなります。

繰り返しになりますが、ずっと同じホテルに泊まって、あちらこちらの観光地に行くのは移動時間のロスになります。

J-Tripツアーのホテルを選べるツアーを申し込むか、格安航空券と1泊のみホテルがついた1泊3日や1泊4日のプランを申し込み、別途、異なる地区の好きなホテルを、楽天トラベルなどで予約するのがおすすめです。

 - 沖縄ツアー予約前のアドバイス