幹事の壺(沖縄編 2018最新版)

幹事の壺(沖縄編)の最新版です。格安ツアー、おすすめスポット、おいしいレストランなど沖縄旅行に役立つ情報をお届けします。

*

沖縄ツアー予約のコツ★レンタカーを使えない場合、ホテルはどこに取るべきか?

同行者に、自分を含めて運転できる人がいない場合、沖縄本島の旅行では、結構致命傷だったりします。
レンタカーの必要性についてはこちらで触れておりますが、では、どうしてもドライバーがいない場合、どうしたらよいか?というのが課題になります。

結論から申し上げますと、夏の時期など「ビーチでまったり」をプランされていて「ずっとホテルにいる」と強く誓っている方は、何も気にせずそのホテルを選んでいただければOKです。一方、「(いくらかでも)観光する」という場合には、那覇にホテルを取ることをおすすめいたします。
DSC_0221
レンタカーを運転できない方の観光の拠点として那覇を推薦する理由は以下の通りです。
と、その前に、確認事項ですが、沖縄の観光はちゅら海水族館のある北部、および空港&那覇&沖縄ワールドなどがある南部に分かれています。(とりあえず抑えていただきたい情報です)
このことを意識して考えるとよくわかります。

1.北部観光、および南部観光の日帰りバスツアー、および貸切タクシーは、そのほとんどが那覇発となっています。なので那覇に泊まることで、これらを利用できます。人数にもよりますが、日帰りでのバスツアーがお安くあがるのでおすすめです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2.夜については那覇が一番です。美味しいお店は那覇にあります。(おすすめはこちら参照)沖縄民謡を楽しむにも最適です。観光客が楽しめるレベルから、上級レベルまで良いお店が那覇にあります。夜な夜なのディープな飲み屋さんも那覇にあります。
DSC_0440
3.最終日も那覇にいることで、空港までの時間が計算しやすくなります。またお土産も徒歩圏内で好きなだけ買えます。

ということで、那覇がおすすめなのですが、唯一の問題点として「ホテルで海を見ながらリゾート気分♪」は味わえません。これだけが那覇の弱点です。

せっかくの沖縄旅行、「せめて、少しはリゾート気分をホテルで味わいたい!」「眺めるだけでも良いから一日でもリゾートホテルでまったりしたい!」という方は、那覇での宿泊と那覇からなるべく近いリゾートエリアの宿泊を混合できる「一泊ごとにホテルを選べるツアー」を活用いただくのが良いと思います。那覇からなるべく近いリゾートエリアということでは恩納村南部があげられます。具体的にはムーンビーチホテル、リザンシーパークホテル、カフーリゾートなどがあるエリアです。このエリアなら空港からのバスもあり、またホテルの近辺にも徒歩圏内で飲食店があるのでおすすめです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ということで、レンタカーが使えない場合は、観光の拠点としては那覇にする。リゾート気分を味わうなら1泊だけでもリゾートエリア(恩納村南部がいいでしょう)に宿泊する、がコツです。

 - 沖縄ツアー予約前のアドバイス