幹事の壺(沖縄編 2018最新版)

幹事の壺(沖縄編)の最新版です。格安ツアー、おすすめスポット、おいしいレストランなど沖縄旅行に役立つ情報をお届けします。

*

真栄田岬 青の洞窟/まえだみさきあおのどうくつ(沖縄本島中部 読谷村)

気軽にシュノーケルを楽しめるスポットとして有名な真栄田岬。
その真栄田岬を海岸沿いに50メートルほど北へ行った所にある、「青の洞窟」。

自然の偶然か、神様のなせる技か、、、、。

泳いで洞窟に入り、ふと海の方を振り返ると、そこには光り輝く奇跡のコバルトブルーが。

沖縄旅行の記念に、心と目に焼き付けてほしい美しさです。

海が穏やかなときに可能な、海から泳いで洞窟へ入る方法と、泳ぎが苦手な人でも楽しめる崖を降りて陸から洞窟の奥へ入る方法があります。ただし崖から降りるのは結構しんどいです。また、基本的には海から泳いで入る方が魚も楽しめるのでおすすめなのですが、それなりに泳ぐ距離も長く、技術もいる場所なので、これとまた別なボートエントリが一番おすすめです。

真栄田岬の海は穏やかな日はとても穏やかですが、荒れ出すととても怖い海と言われています。実際、天候が悪く中止になることも多いツアーですし、無謀に行っての残念な事故も多発している場所といえます。
自分でやる場合でも、当日の天候を専門家に問い合わせチャレンジするのが良いでしょう。

何より安全なのは業者さんに申込む方法です。
ウェットスーツ、シュノーケルセット、マリンシューズ、そしてライフジャケット付きですから、安心して一年中楽しむことができます。

マリンショップのおすすめはまずは代表的な「アイランド倶楽部」さんです。
良心的なお値段が何よりおすすめの理由です。

青の洞窟シュノーケリングなら2,980円で楽しめます。
しかし、この真栄田岬は魚が多いことでも有名です。

青の洞窟だけでなく、ついでにスノーケルもセットになったものがおすすめです。また前述のように、実際にはかなり体力がいるのと安全性も考えると、多少料金がかさんでも、ボートエントリの青の洞窟ツアーがおすすめで具体的にはブルーゾーンでボートで行くツアーがあります。それぞれいろいろなメニューを持っていますので内容を見比べて見ると良いでしょう。

見た人しかわからない、神秘的なブルーですので、是非ぜひ経験してください。

 - 観光地・テーマパーク・施設(沖縄本島中部)