幹事の壺(沖縄編 2018最新版)

幹事の壺(沖縄編)の最新版です。格安ツアー、おすすめスポット、おいしいレストランなど沖縄旅行に役立つ情報をお届けします。

*

沖縄船釣り体験ツアー(初心者向け、手ぶらでOK、トロピカルフィッシング)/那覇(ALAN)、本部(本部つり具善海丸)発

沖縄の魅力はいろいろありますが、赤、青、黄色、ピンク、紫と、陽気で明るい南国色でデコレートされた、トロピカルな魚達に魅せられた方も多いことでしょう。
スノーケルやダイビングで楽しむのが定番ですが、せっかくの沖縄旅行、沖縄ならではの体験として、いっそトロピカルな魚を釣ってしまうのはいかがでしょうか♪

一般的に釣りは、それなりの道具と予備知識が必要となりますが、「気軽に沖縄での釣りを楽しみたい」という方には、手ぶらで参加して楽しめる現地発の船釣りツアーがおすすめです。
船釣りなのでベテラン船長がポイントまで案内してくれるので、沖釣りなどに比べて釣れる確率は圧倒的に高くなります。
以下2つはkanjiman厳選!価格、内容ともにおすすめできます。

★恩納村発(恩納海浜公園ナビービーチ) 沖釣りツアー(実食付き)
約3時間6000円(2016.1現在) ※終了後の実食有りです。別途BBQもオプション有り。
★本部発(水族館近く) 5分ほどの沖での、トロピカルフィッシングツアー
約2時間5000円(2013.6現在 早割有)  ※気軽な感じです

以下は本部発の本部つりぐさんのトロピカルフィッシングツアーのレポートです。
hunaduri1.jpg
本プログラムは出発から帰港まで、コンパクトに2時間にまとめられています。
出発は瀬底大橋近くの浜崎漁港から。本部つりぐさんの善海丸は、定員6名程度、小さいながらもトイレがついており快適です。

このトロピカルフィッシングツアーでは、そんな遠くで釣りをするわけではありません。沖に5分ほど出たところで、船を止め、あとは流れにそって船が移動するのとともに、ゆっくり釣りを楽しみます。
hunaduri2.jpg
早速船長からレクチャーが始まります。餌はエビ。冷凍になったものを水で解凍し利用します。触るのが苦手な人が多い、青イソメとかでないのでこの点でも安心ですね。(笑)
hunaduri3.jpg

レクチャーが終わったらあとはひたすら釣るのみです。何度となく、ポイントを移動し、少しでもたくさん釣れるように船長さんがリードしてくれます。で、実際に釣れるのか?ということですが、結構釣れました。
hunaduri4.jpg
針を2つつけてトライしましたがポイントが良いと、このように2匹同時にかかることも。

実際に釣るのは1時間半くらいかと思われますが、子連れで3本の竿で色とりどりの魚が10匹以上釣れました。(1人は子供の世話だったので、実質2人での釣果です。)
hunaduri6.jpg
ただ、船長さん曰く「いつもはもっと釣れる」とか。
この日一番大きな魚は他のお客さんが釣った以下の35センチ級のもの。
hunaduri5.jpg

さて、釣った魚は近所のレストラン(ドライブインレストランハワイ)にて調理していただきました。(調理代金が必要)自分で釣った魚の味は格別です。沖縄の魚は概してさっぱりしていますので揚げて食べるのがおすすめです。(調理法はおまかせでOK)
hunaduri7.jpg
なかなか満足度の高いアクティビティです。ぜひ、沖縄に来たら、気軽に手ぶらで楽しめる船釣りを!

もとぶつりぐ店
沖縄県国頭郡本部町字崎本部4714-1
0980-47-4495

 - 観光地・テーマパーク・施設(沖縄本島北部)