幹事の壺(沖縄編 2018最新版)

幹事の壺(沖縄編)の最新版です。格安ツアー、おすすめスポット、おいしいレストランなど沖縄旅行に役立つ情報をお届けします。

*

古宇利島 古宇利大橋/こうりじま こうりおおはし(沖縄本島 北部 今帰仁)

本島でのドライブで、手付かずの自然と青い海を見たいなら、この古宇利島を訪れることが奨めです。ランチ、カフェでの休憩にも最適です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
アダムとイブに似た神話が伝わるこの島は、2005年2月の全長2キロ弱の古宇利大橋の開通までは、ほとんど観光客が訪れる事はなく、未だその神秘さを保っています。いくつかの橋を超えて、見えてくるこの青さ。

古宇利島までもうすぐ。心が躍ります。橋の入り口の左側には車をとめて、橋を眺めるスポットがあります。ここから見る橋もとても素敵です。
いわゆる「何もしない贅沢」を満喫するには最高の場所です。
車を走らせ、青い海を見て、風に靡くさとうきびをただ眺める。

この価値を是非体験してほしいものです。島内には、2つほどビーチがあります。橋のすぐ近くにまずメインのビーチがあります。


(エッチャンさん撮影)

そして下記、みつけにくい方のビーチです。みつけられますでしょうか?(笑)

コースとしては、朝早く美ら海水族館を見学し、帰りがてら、午後の日差しの強い時間にこの古宇利島を訪れるのがお奨めです。
まぁあまり深いことは考えず、何もしないで、ぼーっと、、。いろいろ目に入ってくるものをそのまま感じ取って下さい。

なお、島の入り口には、道の駅のようなスポットがあり、海ぶどうを初めとして現地の新鮮な野菜などが購入できます。缶ビールも買えますよー。

島の回りをめぐり道路で島を一周できますが、ちょっと中に入って(上がって)行くことでそれはまた異なった素敵な景色を楽しめます。

 - 観光地・テーマパーク・施設(沖縄本島北部)